妊娠中でも妊娠前でも花粉症というのは、いつでも季節が進むので避けられせんよね。そんな時にザイザルを飲んでも平気なのかどうなのか、ということに焦点を当てながら色々とお話ししていきたいと思います。

ザイザルと妊娠中だけどザイザルを飲んで大丈夫なのかと疑問に思っている妊婦

ショックな花粉症時期に鼻の不快感はザイザルで対処

ある日突然花粉症を発症してしまった時のショックは、そう簡単には消し去ることができないほどに人々の心に強烈なインパクトを与えます。現在国内では4人に1人が花粉症と言われるほどに、私たちの日常に非常に身近な疾患と言えます。そもそも花粉症とはスギやヒノキ・ブタクサなど約60種類もの植物の花粉に体が反応することで、アレルギー症状を引き起こすという疾患になります。花粉症のアレルギー症状にはくしゃみや鼻のかゆみ・詰まりをはじめとして、目のかゆみや充血などを発症します。その他にものどや耳の粘膜がかゆくなったり、皮膚炎などを伴うことも少なくないと言います。もしかして花粉症かも思った時には出来るだけ早めに専門の医療機関を受診することが大切です。花粉症などのアレルギー疾患で耳鼻咽喉科やアレルギー科の医師が処方する薬剤の1つにザイザルがあります。ザイザルは大手有名製薬会社から発売されている抗ヒスタミン系の薬剤になります。花粉症の他にアレルギー性鼻炎やじんましん・各種皮膚炎の治療に用いられることで知られています。ザイザルの主な効能としては花粉症の代表的症状であるくしゃみや鼻水・鼻の詰まりやかゆみを軽減する効果があります。ザイザルの主成分であるレボセチリジン塩酸塩が、アレルギー症状の原因になるヒスタミン受容体の働きを抑制するのがそのメカニズムです。またザイザルは花粉症の薬剤の中では中程度に強力な作用を持ち即効性が高いのも特徴の1つです。このように花粉症などのアレルギー疾患には優れた効き目を発揮するザイザルですが、反面眠気を伴うという副作用もあるので服用の際は用法・用量を守り車の運転などは控えることが大切です。