妊娠中でも妊娠前でも花粉症というのは、いつでも季節が進むので避けられせんよね。そんな時にザイザルを飲んでも平気なのかどうなのか、ということに焦点を当てながら色々とお話ししていきたいと思います。

ザイザルと妊娠中だけどザイザルを飲んで大丈夫なのかと疑問に思っている妊婦

妊娠中はザイザルを避けるべき?

妊娠中というのは胎児のために様々な制限が加えられることになりますが、アレルギーの薬であるザイザルを避けるべきかというとこれは医師の指示がないのであれば避けるべきだといえます。
当然これから妊娠したいと思って、子作りをしている最中も避けたほうが良いものであり、性行為をした後は服用をしないようにしたほうが無難だといえます。
実際に、妊娠をしている時にどの程度の影響が出るのかということは実験をすることができるわけでもありませんから、はっきりしない部分は少なくありません。
しかし、はっきりしない以上は医師の指示がない限り避けるべきだといえるのです。
ただし、絶対に服用してはいけないのかというとそのようなことはなく、妊娠中の服薬というのは薬の影響よりも薬を飲まないことによって起こる影響のほうが大きいと医師が判断をすれば服薬するように指示されるのでその時には医師の指示に従うようにする必要があります。
妊娠中は基本的にどのような薬であっても避けるべきですが、飲まなければならない薬を飲まないということもリスクのあることですから、医師の指示には必ず従うようにしましょう。
そして、花粉症などで辛いというのであればそのことを医師に相談をして判断を仰ぐことが大切です。
あまりにも重度なアレルギー症状が出ている場合には、それによって胎児に悪影響をおよぼすことも考えられますから薬で症状を抑えたほうが良いということもあるため、医師に相談をする必要があります。
大事なことは勝手な自己判断で飲んだり飲まなかったりするのではなく、必ず専門家の指示に従うということです。
そのため、妊娠中のザイザルは医師の指示がない限りは飲まないとしておくのが安全です。

出産後はザイザルをいつから飲んでも大丈夫?

出産後は体も疲れており、育児で睡眠不足になり、ストレスも溜まることからアレルギーを持っていない女性でも、非アレルギー性の蕁麻疹が出てしまうことがあります。
もともと花粉症で苦しんでいる女性もいるはずです。
授乳中の医薬品の服用は赤ちゃんに悪影響を与えることがありますので、控えなければなりません。
もし服用する場合は、授乳をやめて粉ミルクで過ごすなどの対策も考えた方が良いでしょう。
ただし母乳は栄養価だけではなく、赤ちゃんの免疫機能を高める効果もありますので、やはり医師と相談して服用を検討した方が良いです。
今までの感覚と服用すると、赤ちゃんにも悪影響を与えることがあることを理解しておきましょう。
ザイザルは基本、クリニックで処方される医薬品であり、妊娠中や授乳中であれば、医師の指導を受けることができますので、その指示を守るようにしてください。
ザイザルと似た抗ヒスタミン剤であるアレグラは市販でも購入することができますが、必ず薬剤師と相談のうえで購入しましょう。
抗ヒスタミン剤の服用を検討している場合は、やはり医師の指導の方が安心して服用することができます。クリニックに行くのが最善の方法になります。
最近はザイザルを含めた抗ヒスタミン剤の医薬品を、クリニックではなくインターネットの通販サイトで購入している人も多くなっています。
海外の医薬品になり、わざわざクリニックに行く必要もなく、そして安く購入できますので、この方法が支持されています。
ただし妊娠中や授乳中といった特別な場合は、医療従事者の判断を求めなければなりません。
そのようなときに利用するべき場所ではありません。個人の判断で購入し、服用することがないようにしてください。

ザイザルは子供に服用させても大丈夫?

ザイザルは、成分名がレボセチリジン塩酸塩という抗アレルギー薬です。
蕁麻疹や、掻痒感を伴う皮膚疾患などに対して使用する薬剤です。
ザイザルには、剤形として、錠剤とシロップ剤があります。
錠剤は、成人、小児どちらにも使用できますが、小児では、7歳以上に使用し、レボセチリジン塩酸塩として、1回2.5mgを1日2回、朝食後及び就寝前に経口投与すること、となっています。錠剤については、新生児や乳児、7歳未満の小児に対しては安全性が確立されていないので、使用しない方が良い、とされています。
しかし、例外的に、7歳未満の小児で、シロップ剤がどうしても服用できない、ということもあります。その時は、無理にシロップ剤をf時服用させるのではなく、錠剤を粉砕して、粉薬として服用させる、という方法もありますので、そちらの方法を試してみます。
ザイザルシロップは、6か月以上の小児であれば使用することができるようになっています。
しかし、低出征体重児や新生児、6か月未満の乳児に対する安全性は確立しておらず、国内においても使用経験がないため、使用しないこと、とされています。基本的に、薬剤の用量は、年齢や体重に応じて決めます。
薬剤を服用する場合には、副作用が現れる可能性も考慮しておく必要があります。薬剤を服用させて、普段と違った症状があれば、すぐに相談するようにします。
ザイザルは、子供に服用させても大丈夫である薬剤ですが、基本的には、6か月未満の小児には使用しない、ということができます。ただし、医療現場では、6か月未満の小児に対しても、投与が必要であると判断された場合は、慎重に経過を見ながら投与をする、ということはあります。